忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
聞いてくださるな。
今は主家を離れ浪々の日々を過ごす、名も無きトシヨリでごぜえます。

バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)
(07/23)
(07/25)
(07/26)
(08/01)
カウンター
[760] [759] [758] [757] [756] [755] [754] [753] [752] [751] [750]
最近、尺八を教える事になりました。

その際に問題になるのが「月謝は、おいくらですか」と聞かれた時です。

実は今まで3人の人を教えましたが、全てタダで教えましたが、皆、途中で止めちゃいました。

まぁ・・σ(*_*)の教え方とか・・魅力とか・・何とかかんとが悪かったのだろおとは思う。

ちょいと調べてみると、尺八に限らず何か趣味的な特技を持っている人が教える立場になると、やはりσ(*_*)のようにタダで教えるかどうか迷う人が、もんのすごく居るよおです。

で・・いろいろ調べた結果、
「タダで教えると、師弟間に緊張感が無くなり、その先では必ず行き詰まる。」
「タダで教えるのは無責任であり、お金の受け払いがないと教える内容に責任が無くなる。」
という意見が有りました。

そおかもしれんなぁ・・昔、教えた一人からは「どおしても教授料を貰ってくれ」と言われたが「その分、貴方が一生懸命に練習してくれたら、私への最大の報酬です」とカッコイイ事を言って最後まで受け取りませんでした。

結局途中で止めちゃったけれど、σ(*_*)が転勤でその地を去る時に、どこで調べたのか金一封を持って礼を言いに来てくれました。

σ(*_*)とすれば、たかが趣味的な事だから、いらん事を気にしなくても良いと思っていても、教わる人からすれば、タダ・・というのは、もんのすごく気にかかっていたのでしょう。

逆の立場でσ(*_*)が教わるならば、やっぱりタダというのは、気が引けて申し訳なく思いますわなぁ。

ちなみに、40年ほど前にσ(*_*)が師匠から尺八を習った時にも「月謝はいらない」と言われましたが、上司に相談すると「月に1000円ほど、あげれば良いのでは・・」と言われたので、その通りにして受け取ってもらいました。

で・・月謝を貰うとしたら、どれほどの金額にすれば良いのか。

調べてみると、尺八の場合はプロに教わると一時間3000~5000円ほどらしいですなぁ。

σ(*_*)はプロではないので、そんなに貰うワケにはいかん。

40年ほど前から物価も上がっている事だし、3000円/一月にして、その代わりσ(*_*)の時間が空いてる限り、いつでも何日でも何時間でも教える事にしました。

今のところ、時給に換算すると500円位になるかな。

こんなσ(*_*)は、強欲な悪どい人間なのでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
そおですね
たかとう さん

御賛同を頂き、ありがとうございます。

日中友好の時に中国ブームが起き、その時に中国語を教えてくれる人が居て、テキスト代だけで、他はタダという事がありました。

一回目の受業の時「四声」ちゅうのが、よぉ~わからず、結局その一回で止めました。

他にも同じよに授業受けた人が居たのですが、やっぱり一回で皆来なくなりました。

コンジョナシと言われれば、その通りですが、やっぱりタダというのは、学ぶ人の真剣さを問われると思います。

やっぱり、これをどおしてもマスターしたいのだという人ならば、お金を払ってでも学びに来ると思います。
2017/08/04(Fri)20:10:13 編集
タダだと一生懸命やりません
こんにちは
 気持ち程度であれ、授業料はもらっていいと思います。
 20年も前に韓国語を民団の教育院に教わりに行き始めました。教科書代がかかりましたが、授業料はただ。となると、あまり勉強に身が入らず、10年20年通っても万年初級という受講者が多い様子でした。
 まぁ、趣味であればそれでもいいのかもしれませんが、しっかり身につけようとするには授業料は必要だと思い、他の学校へ通ったりし始めたのです。

 別件で、医療関係の仕事なのですが交通事故の保険で、という方は「タダだ」ということで、不要な要求をされたり、また治療費必要な協力も得られないという経験がありました。

 近くなら教わりに行きたい、そんなふうにも感じています。
たかとう 2017/08/04(Fri)09:46:17 編集
忍者ブログ [PR]