忍者ブログ
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
(07/31)-- d&g コピー スニーカー
(02/28)--草
(02/27)--たかとう
(12/23)--コピー専門店
(12/23)--ROLEX 腕時計
(11/25)--草
(11/24)--たかとう
(11/21)--草
(11/17)--たかとう
(11/02)--ブルガリ
プロフィール
HN:
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
聞いてくださるな。
今は主家を離れ浪々の日々を過ごす、名も無きトシヨリでごぜえます。

バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)
(07/23)
(07/25)
(07/26)
(08/01)
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]



年末も近づき、障子紙を張り替えましたが、それだけではサミシイのでアクセントを付けました。

はい、前回同様のいつぞやの「切り絵」シリーズです。

今回は、左右に「生け花」風の「切り絵」をA3用紙で作り貼ってみました。

それはそれで落ち着いた雰囲気なのですが、やっぱり、ちとサミシイ。

そこで千代紙による「切り絵」を貼ると・・おぉぉ!!・・・グッと華やかになりました。



こちらは雪見障子を上げた雰囲気です。
PR
「イザベラの道」をチョイノリで走り回ったので、メータ距離がグウ~ンと伸びて約9200km。

今までは、500km毎のオイル交換と、チェーンに油差す程度の整備しかしませんでした。

交換したのは、タイヤ前・後(溝は有ったが、ヒビ割れが有ったため)とバックライトの球だけ・・

しかし、これだけで、今までよぉ~持ったなぁ。

1万kmも目前なので、御褒美にプラグとエアフイルターを交換してやろうと思いました。

バイク屋で品物を取り寄せて交換。

  ----------------------------------
プラグ

上が使用済み、下が新品。

プラグの燃焼状態を見ると、火花箇所はそれほど悪くないと思う。
もっと真っ黒かと思ってた。

  ---------------------------------
エアフイルター

 カバーを開けてみると・・キャアァァ~・・・!!

スポンジ状のフイルターが1/3ほど無くなってるでねぇか。

こらアカン・・・たぶんボロボロになってエンジンに吸い込まれて、どうかなったのでしょうなぁ。


金網にもカケラが付いてるしぃ・・・・


中には、ゴッテリとスボンジのカスが油まみれになって、くっついてました。

こんなので、よぉ~東北・関東を一周したなぁ。

走っていても調子よく、32km/h程度は出ていました。

ただ、最後付近は「ガブる」というような事がたまに有り、停止した時はアイドリング状態にならずエンジンが止まりました。

そりゃあぁ~・・チョイノリさんも、ハラ立てるでしょうなぁ、スマンかった。

  ----------------------------

で・・交換後

起動は一発でかかりました。

走行してみると、速度はあんまり変わらない、
むしろ気のせいか、ちと遅くなったかもしれん。
何でか知らんが・・・

ホンマは「プーリーベルト」も替えれば、速度が出ると思うのだが・・

実は部品を買いにバイク屋へ行って、中古原付バイクを見て来たのです。

チョイノリの速度の無さと、坂道でのコンジョの無さのため、バイクを替えようかなぁと思いましてなぁ。

でも、中古でも15万くらいするのですねぇ。

σ(*_*)がもう少し若く50才代なら新品購入するのだが、このトシでバイクを替えても、残る余生でどれほど使う事があるかと思います。

交換するのならば早いほうが良いのですが、もう少しこのままチョイノリに乗り続け、いよいよ壊れて動かなくなった時に考える事にしました。
ミニバイク「チョイノリ」を屋根下に置いてますが、下が砂地なので、どうも倒れるような不安感があります。

そこで「固まる土」なる物を買ってきて試してみました。

書いてある通りに、最初は少し散水し、1時間ほどしてドバッと水かけてオシマイ。

うん・・まぁ確かに硬くなり、バイクを置いても安定します。



ただ・・・地面のレベルと同じにしないと、縁が欠けるようですねぇ。

ワザと踏んづけて、どれくらいの強度か試してみたら、あっさりボロッと欠けちゃいました。

費用的には、けっこうな値段がしたので、バイクの足場付近だけをコンクリ板2枚買って敷いた方が安かったかもしれない。

越後屋が「扇風機のタイマーが効かないから新しく買おう。」と言います。

で・・分解して調べてみると内部のタイマーは動くようなので、悪い箇所はツマミだな。

で・・ツマミを取り外すと、やっぱしツマミの引っ掛かりが壊れてました。

で・・越後屋に「あぁ~たぁが、憎しみを込めて力まかせに操作してたもんだから、壊れちゃったんだ」と言ったら怒っちゃいました。(^O^) ナハハハハ・・・




ツマミ位ならば100円程度で買えると思うのだが、果たしてホームセンターに売ってるのじゃろうか?

ネットで調べると、売ってますが送料がかかり、総額500円位になるじゃろなぁ。

もっと安く何とかならんか・・できれば、そこらの廃品利用してタダで・・

で・・ネットで「扇風機 つまみ 壊れた」で検索すると、けっこうツマミは壊れてるようです。

σ(*_*)とこのは、安物の扇風機だからと思ってましたが、そうでもないようで、皆さん苦労してますなぁ。

ふっふっふっ・・扇風機屋・・お主もワルよのぅ・・・
ツマミに壊れやすい部材を使用し、すぐに新しい製品を買わせようとしやがって・・・(^O^)

で・・何とかDIYで直した人が居ないかと探しましたらブログに有りました

ペットポトルの蓋と、金属片を利用しており、まさに「目からウロコ」が・・ポロッ・ポロ・・

で・・捨てるつもりでゴミ箱付近に置いてたステンレス板が手頃だったので、マネして加工しました。

それがこれです・・もう完成品だけど。

ステンレス板を蓋の縁に回して、ステンレス端で手をケガしないように絶縁テープでグルグル巻きしました。

ケガしたら痛いもんね。

ツマミ位置の印は、車の白色補修ペイントで付けて完成なのら!(^^)!

動かしてみると・・おぉぉ・・良いんでねぇかい・・カーチャン。(^_^)v







マリンランプの光力が強く、眩しく感じます。

以前の状況


で・・白紙をレンズ内に入れましたが、入れるだけでは面白くありまへん。

そこでσ(*_*)の大好きな「コンパスマーク」と「揚羽蝶」の紋を千代紙で型切りをしました。

それがこれ・・・・




で・・・これで、オシマイにしちまったら、在り来たりで、つまらん・・・

そこで灯りが点いた時に、
「なんと言う事でしょう!!・・・ここに隠れた匠のワザが冴えています。」
と誉められるようにしました。(^O^) ヘッヘッヘッヘッ・・・

笑ってください、これです。



灯りが点くと「流水模様」がバックに出るので、見比べてください。



流水模様は、マスキングテープを貼り合わせて型切りしました。

反省点としては、もおちっと全体的に下の方へ貼り付けた方か良かったかなぁ。


以上、高級老舗旅館「草亭」よりの中継でした。(^O^)
常夜灯に改造してみました。

ガラスの火屋部分は、割れると危ないので外し・・・
赤フィルターも飲み屋の雰囲気になるので外しました。



ランプ置台には、越後屋がもう使わなくなった鏡台を利用。

これが高級品ならば、細工・加工するのに心が痛むんだが、安物だからランプが入るようにノコギリなどを使用してギコギコ切り、それがこれじゃあぁ。!(^^)!


点灯してみました・・・おぉぉぉ・・・!(^^)!。


配線は上部空気穴より煙突を経て、そこに垂らしてます。


LED25W相当、280ルーメン、消費電力4W。

ちなみにLEDでは、何W相当と言うのは当てにならず、ルーメン(光力)を基準に考えると良いそうです。

これにしたのは、ナツメ灯が5Wであり、消費電力がそれよりも少なくて明るいからです。


ホンマはレンズの中心にLEDが来るようにすれば一番良いのだが、フラフラ動くので煙突下部付近に有ります。

まぁ・・これだけの明るさだから良しとします。

鏡台との接続は、ターンバックルを使用して地震の時にも動かないようにしてます。

あっ・・はい、ちゃんとスイッチも付けました。(^O^)


眩しいかな・・と思って、試しにレンズ内部に白紙を入れてみましたが、思った以上に光力が落ちたのでヤンピ。

後はヒマな時に、シコシコと真鍮磨きをするだけ。(^O^)
ネットを見ると、その錆び具合にも趣が有ると書いてありますが一度磨いてみます。
勝手口の廊下が、どうにもこうにも寒くて、北極のようにキーィンと来るほどの寒さです。
(行った事はないけれど)

何とかならんか・・と思いネットで探すと、窓部分から寒さが侵入して来るので、窓箇所に断熱対策すれば良いらしい。

で・・その方法は、一番安いのが窓ガラスに直接、プチプチ緩衝材を貼り付けるのが良いらしい。

子供のヨメさんが、部屋のガラス戸に貼り付けたら効果が有ったといいます。

さよか・・そんならマネしよう・・と思ったが、ただ貼り付けるだけでは面白くない。

で・・さらにネットで調べると木枠を作ってプチプチを貼り付けて、窓部分に嵌め込むというのが有った。

よっしゃあぁ~・・これじゃ!!・・と喜び勇んで材料を買い求め木枠を作りました。


ネットに書いてあるように、枠に両面テープを貼り付けて、プチプチを貼り付けました。
あっ・・ここん所は、美的感覚を駆使してシワがよらないように・・


完成なのら !(^^)!


プチプチは両面テープだけでは不安なので、巻き込んで「カッター(ホッチキスの大きいやつ)」で打ち止めしました。


窓に入れてみるのら・・・


うっ・・ちとキツかったかな・・・でも無理矢理入れました。


外側から見たら、こんな感じです。
スリガラス的の見栄えでしょうか。


春になったら取り外して、秋の寒くなった頃に取り付ける予定。

この製作で頭を使ったのは、窓枠と木枠のスキマ幅をどれ位にするかでした。

プチプチを折り返して窓枠とのスキマを埋める・・スキマが大き過ぎたらスキマテープで調整とネットで書いてあった。

プチプチの折り返し寸法なんて微々たるモンだから5mmほど窓枠より小さく作りました。
これはこれで良かったが、最初からスキマテープで調整する方法でも良かったかもしれない。

プチプチの凸部は木枠スキマの事を考えて、両面テープが付く箇所が少ないかもしれんが、凸部分を内側にしました。

製作費用、約300円ほど。


取付後は北極だった寒さが、東北地方の寒さになったような気がして、効果は有ったと思います。

寒さとネングに苦しんでる、民百姓の方々・・オデェカン様に直訴する前に試してください。(^O^)


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ついでに勝手口扉対策として「断熱シート」を買って取付ました。

1m幅・高さ2.20m高が2枚入っており700円ほど。

カーテンレールも買って取り付けてみました。

シートと言っても、ビニールのようなもんでして、ゴワゴしてます。



片方は壁にキッチリ取り付けておく方がスキマ風が入らないと思い、「止め金具」で閉めてます。
100均で売ってました。



実は、プチプチよりも、こっちの方を最初に取り付けたのですが、これだけでも少しは効果が有ったように思います。


風呂の脱衣所が、ストーブを点けていても、なんとなく冷え冷えする。

壁に取り付けてある配電盤にケーブルを引き込む穴が原因じゃないか・・と愚考し確かめてみました。

手をかざすと、やっぱり引き込み穴から、風がスースーと入って来てます。

そこで「エアコン配管用パテ」なる物をホームセンターで買いました。
早い話がエアコンを壁に取り付けた時、その隙間を埋めるパテで粘土のような物です。

1個70円くらいだったかな。



このケーブル穴から、隙間風が入ってくる。


 
パテをケーブルの隙間に、ちぎって押し込んだりしましてなぁ。

狭い所は指が入らないので、鉛筆の尻で押し込みます。

ホンマは元ブレーカーを切って作業すれば、うっかり線を触ってビリビリと感電する事もないんだけれど・・メンドウなので、そのまま作業しました。



こんな風に、穴を封鎖。
完全には封鎖できないけれど、手をかざしても、先程のようにスースーと風は感じません。


配電盤全体
作業途中で撮影したので一番下の穴が空いてますが、上2カ所は塞いだ状態です。


この方法をだれか紹介しているかな・・とネットで探したが、見当たらなかった。

前職で無線関係をやっていたので、この方法は知ってましたが、以外に世に知られてないよおです。

結果は気のせい以上に、ヒエビエが無くなったように思い効果は有ったと思う。

配電盤取付時にやるのが一番良いのですが、これ見てマネする人は自己責任でやってね。

あっ・・パテはたぶん絶縁性だと思います・・違ってたらヤバイなぁ。
昨夜は、ドエレエ雷とか風が吹きました。

北陸地方では、これを「(魚の)ブリ起こし」と言っており、冬の到来とブリの水揚げが近づいた事を知らせてます。

先日、勝手口に風防壁?なる物を作りました。

ここら付近の家では、たいてい「風防室」とか言って玄関前に、もう一つ玄関のようなのを作っています。

これは吹雪等の寒い時、玄関の戸を開けると家の中に直接冷たい風が入って来るのを「風防室」で防ぐためです。

これを知らなかったため、家を造った時には設置してませんでした。

今から作ってもらうとなると・・ん?十万円が、吹っ飛ぶからなぁ。
年金では、この金額はキビシイでっせぇ。

で・・部屋は無理としても、せめて横からの風雪だけは避けれるように、波板でこんなの作りました。





壁に木を打ち付けて、波板の横木と柱を、もう一つの横木で挟み、縛って固定します。

 

この方法の利点は、冬が去った時に、簡単に取り外せる事ですが、
この方式は、故郷の父がやってたのですが、あんまりDIYでは紹介されてまへんねぇ。

作った効果は有り、勝手口前に立った時は横風の寒さが激減しました。

今日の庭です。
紅葉が良い具合ですなぁ・・落ち葉の雰囲気も良い、と自画自賛 (^O^)
以前に作ったのですが、屋根を支える棒が壊れちゃったので新しく作り直しました。

この屋根は、どおしても必要というワケでも無いのだが、雨が降った時にドアから下りたり乗ったりする時に、少しは雨がかからないかと思いましてね。

それと雪が降った時に、カーポートの屋根雪が滑り落ち、車近くまで積もるので、少しでも車から積雪が離れるようにと・・

この落ちてくる雪の量がハンパじゃないんですよ。

どうじゃ、立派な屋根が出来たじゃろう。!(^^)! カッカッカッカッ・・・



内側から見た所



屋根箇所の詳細
三角の金属は前回使用した物を再利用。
錆びてきたが、大丈夫だろう・・たぶん。



「屋根を取り付ける棒」は、カーポートの柱に沿わせて、写真のように木片にボルトを通してナット締めしました。(上下2カ所)

これはカーポート柱を傷つけたくなかったからです。
木だったら柔らかく、腐ってきたら、また取り替えすれば良いので・・・
消耗品ですね。

ちなみに他の屋外の場所でも、この方式で柱に棒を、くっ付けているのですが、木は腐ってきても、ボルトナットは雨に打たれてるためか錆びてませんでした。

なお当地は准塩害地らしいです。


唯一、失敗した所は、下の横板を5センチほど内側へ持っていくか、波板を伸ばせば良かった。

なぜならば波板から滴り落ちる雨水が、このままでは横板に付着するので・・・




木材に防腐剤を塗っておいたから、いいかな・・やり直すのがメンドウだし。

防腐剤も高いですねぇ。
地球に優しいのと、あくまり優しくないのと2種類有り、値段も2倍くらい違ってます。

あっ・・はい・・当然、地球に優しくない、安い方の防腐剤を買って塗りました。(^O^)


忍者ブログ [PR]