忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
聞いてくださるな。
今は主家を離れ浪々の日々を過ごす、名も無きトシヨリでごぜえます。

バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)
(07/23)
(07/25)
(07/26)
(08/01)
カウンター
[474] [473] [472] [471] [470] [469] [468] [467] [466] [465] [464]
昨日、テレビでやってるのを寝転びながら見ていました。

ううむうぅぅ・・やっぱり藤田さん主演のとは違うなぁ。

全体的に設定が甘いドラマに思え、以前のように研ぎ澄ました緊張感の場面が無かった。

一番、違和感を覚えたのは、刀を差して部屋をウロつく事・・・

こおいう事は、藤田さんの時にはσ(*_*)が見た限り絶対に無かった。

ちなみに昔は刀を差して部屋に入る事は絶対にせず、玄関を入ったら刀を腰から外し、刀を手に持って廊下を歩いたりしました。
なぜならば、刀を差したままだと、振り返った時など、鞘で障子や襖を破いちゃうもん。

その点、藤田さんの中村主水が室内で仕掛ける時は、刀では無く、小刀で仕留めていました。
小刀は室内で差しても良かったんです。

また外で仕留める時は、決してチャンバラではなく、たぶん居合を知ってる人が指導していたんだろなぁ。
見事に自然に仕留めており、いつも主水さんの仕留め方を見ていました。

失礼ながら藤田さん以外の必殺は、もう余り見る気が起きない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
刀鍛冶の人に聞いたのですが、昔の武士階級の人は顔が細かったそうです。

なんでか知りまへんが・・

まぁ確かに丸顔だと、悪徳商人「越後屋」役の方がピッタリですわねぇ。

藤田さんは、「てなもんや」で「馬づら」を売りにしてましたが、やっぱりピッタリ役だったと思います。
2013/02/24(Sun)17:33:21 編集
あったり前田の・・・・
わが家のお女中も言ってましたよ 「やはり藤田主水の方が良かった・・・」と。

吾輩も「剣客商売」や「はぐれ刑事」の再放送をヨク観ますが、あの目の動きや表情でストーリーを動かしていく手法というか技法と言うか・・・・・あのような役者さんは再び現れるかどうか・・・。

その昔、てなもんや三度笠で「あッたりまえだのクラッカー」なんてギャグってたのを思い出します。白木みのるなんかも・・・。
ローラ・パパ 2013/02/22(Fri)22:43:47 編集
無題
そうですがなぁ。
昔の時代劇は良かったなぁ。

今のテレビ時代劇は、なあぁ~んか全て甘ったるいんですよねぇ。

現代的に迎合していると言うか・・・

かと言って、映画もなぁ・・・

「七人の侍」のようなのは、もお作れないじゃろなぁ。
2013/02/20(Wed)18:24:32 編集
無題
見てないけど、必殺のリメーク版でも始まったんですか

あれは、藤田さんの殺陣を見るもんで、、ほかの人じゃあ意味がない、(超える人がやるなら別だけど)

最近、同居人が衛星で、やたらに昔の時代劇を見ておりますが、昔の時代劇はいいですなぁ、、、役者のレベルが違う
たあ 2013/02/19(Tue)01:13:20 編集
忍者ブログ [PR]