忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
聞いてくださるな。
今は主家を離れ浪々の日々を過ごす、名も無きトシヨリでごぜえます。

バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)
(07/23)
(07/25)
(07/26)
(08/01)
カウンター
[244] [243] [242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235] [234]
楽器をやる人なら必ず一度は、自分の好きな時間に思いっきり楽器を演奏してみたい・・と思う事が有ると思う。

σ(*_*)も昼ならまだしも、人が寝静まった夜でも、無性に尺八を吹きたいと思う事があります。
しかし、そんな事をしたら、当然隣近所からモンクが出るわ・・
犬は吠えるわ・・・。

そこで行き着く所が、空いてる部屋を何とか防音室に改造できないか。
それさえ有れば、周囲を気にする事なく尺八が吹ける。

ネットで調べてみると、とにかく窓から音が漏れるらしく、窓の防音・遮音を完全にやっつけなければ、この勝負には勝てないらしい。

そいで窓の内側にもう一つ窓を作ると、かなりの効果が有るらしいが4万ほどかかるらしい。

でも、裕福な生活をして来た鳩ポッポ首相と違い、マズシイ生活をして来たσ(*_*)には、そんな内窓を作る余裕はありまへん。

で・・故人献金された事も無いボンビーな一般庶民は、安上がりなベニヤ板を窓に張り付ける事を考えました。

ちなみに塞ぐ材質は重い物ほど良いらしく、そおなると発泡スチロールなんかはアカンようです。

 越後屋に下げたくも無い頭を、地面に穴を堀ってまで下げて、倉庫の一室を練習場所にする事にし、窓を完全に塞さがない条件で許しを得ました。

窓枠の上下に木を打ち付けて、ベニヤがガラス側にいかないように押さえとして取り付け。
その時、窓枠端と木の間隔をベニヤ板の厚さ分だけ離し、そこにベニヤ板を載せるという事にしました。



 うまくベニヤ板が入りました。

ホンマは1枚物でやった方が、隙間が出なくて良いのですが、
重たいので2枚に分けました。
なんせ、コンジョ無しなもんで・・・。

そいで、真ん中が空いてます。

この処理をどうしょうかと、半日悩んだのですが、板をアチコチ動かしていたら、板の幅が隙間より少し大きいのに気付き、そのまま張り付けるようにすれば良いのだと思いました。

 「鬼目ナット」を窓枠に埋め、ネジで板を取り付けるとバッチシ・・・!(^^)! 

何かと非協力的でモンクだけ言う越後屋に、もう1回下げたく無い頭を下げて、倉庫内で尺八を吹き、どの程度まで防音になったか外で聞いてもらいました。

 ガラス戸だけの状態だったら、完全にこの写真の範囲は聞こえます。

防音対策のベニヤ板を取り付けたら、写真の範囲まで防音になりました。

これで夜でも尺八が吹ける・・・
良かったなぁ・・(/_;)ウッウッウッ・・・

後は出入り口の扉が少し隙間が有るので、それを何とかしたら、もう少し良くなると思う。

ちなみに楽器やる人のために「防音室」なる物が売ってるらしいが、40万円くらいするらしい。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
完全なる防音は難しく、どうしても音が漏れるらしいですね。

それこそ、コンクリートの地下室でも作らない限りは。

どれだけ音が漏れるのを容認されるのか・・これまた人によって違うので難しい。

今、防音室で尺八のCDをラジカセを最大ボリュウムにして、外で聞いてみました。

一番遠い「車等の周囲の雑音で聞こえない」の箇所でも、しっかり聞こえました
あっ、聞こえるなぁ・・程度だったけれど。

それとやっぱり、高音が遠くまで聞こえやすかった。

σ(*_*)が尺八を吹いても、それだけの音量が出ないとは思うが・・(^O^)
2009/11/14(Sat)20:01:50 編集
無題
100万円かけて防音室を作っても、外への防音は出来ても、家の中は壁を伝って防音できないらしいです。金かけなくて正解かもしれません。

たあ 2009/11/14(Sat)15:22:44 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]