忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
聞いてくださるな。
今は主家を離れ浪々の日々を過ごす、名も無きトシヨリでごぜえます。

バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)
(07/23)
(07/25)
(07/26)
(08/01)
カウンター
[535] [534] [533] [532] [531] [530] [529] [528] [527] [526] [525]
ふと・・思いついて「末廣湊山」で検索してみました。

プロの方ではありませんが、尺八やってる人で、あるいは知ってる人が居るかもしれません。

σ(*_*)が20年ほど前の美青年の頃、職場の機関紙のような本に、尺八の紹介の文を投稿したら、突然「末廣湊山」先生から、自分で吹奏しているCDと手紙が来ました。

その方は職場OBの方だったので、機関紙を読み尺八同好の志として送ってくれたのです。

で・・そのCDに「手向」が入っており、初めてこの曲を知りました。

聴いてシビレましたねぇ・・一発で・・・涙が出そうなくらいに・・
こんな風に吹けたら良いなぁ・・
こおいうのを探してたんだ・・・

お礼の手紙を出して、せびひとも楽譜を手に入れて練習したい旨を書きましたら、コピーを送ってくれ(ホンマはアカンのだろうけれど)、この時に初めて古典本曲なるものの存在を知りました。

それからは徹底的にマネして、なんとか吹けるようになりました。

が・・教えてくれる人が居ない、独学の悲しさ、マネの悲しさ・・・

当然ながら末廣先生のように吹けず、細かい表現や間違いも有りますが、それを正す事なくそのまま我流に崩れちまいました。

検索して初めて知ったのですが、この方は想像以上に尺八界ではスゴイ人だったのですねぇ。
CDを聞いた時から、上手だとは思ってたんですが・・

なにがスゴイか・・というと、「日本尺八連盟」というのが有り、そのコンクール入賞者だったのです。

独奏部門で、2・3位、アンサンブル部門で優勝していました。

たぶん都山流系統の人だったら、このコンクールに入賞するのが、どれほど難しいか、わかると思います。

そんな事も知らずに、年賀状のやりとりや、厚かましくも、いろいろと尋ねたりしましたが、親切に詳しく教えてもらいました。

すでに故人となられて10年ほど過ぎ、もう時効だと思い先生の名前を出しました。

σ(*_*)の「手向」は、だいぶ間違ってるいるけれど、この方のマネをしたものです。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
ご隠居さん。

何を、おっしゃいますやら・・(^O^)ヘッヘッヘッ・・・

σ(*_*)は人世の先輩の言として、ご隠居さんのブログを毎日読んでます。

さすが10年ほど長生きしておられるだけあり、読みが深いと思ってます。
2014/03/27(Thu)15:46:55 編集
無題
改めて“遍照の響き”聴かせていただきました、
奥深い響きです、
わたし、迷いのなか、貴兄からいろいろ教わって、今に至った、
ありがたいことだと感謝しています、
隠居波平 URL 2014/03/27(Thu)04:18:01 編集
忍者ブログ [PR]