忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
聞いてくださるな。
今は主家を離れ浪々の日々を過ごす、名も無きトシヨリでごぜえます。

バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)
(07/23)
(07/25)
(07/26)
(08/01)
カウンター
[591] [590] [589] [588] [587] [586] [585] [584] [583] [582] [581]
先日、近隣神社の春祭りで、タイトル「絃で結ぶ地域の絆」という奉納演芸に出演しました。

モンゴルの馬頭琴・日本の琴・中国の二胡とギター演奏が、タイトル内容です。

馬頭琴なんて名前は聞いた事が有るけれど、実物は見た事もなく音色も聞いた事が有りまへん。



地元大学のモンゴルからの留学生二人が出演し、まずはモンゴルの紹介。

●日本人は優しいです(人を傷つけないようにしているという意味だと思う)
・・でも、モンゴル人は、嫌いなものは嫌いとハッキリ言いますが、それでも仲良しになります。

●馬は小さい頃に乗りますが、大人は、あまり乗らない。

●川など自然を大切にし、川でオシッコなどしません(これは、ホントにそう言いました)。

●両親の言う事には絶対に逆らわなく、ダメと言われた事は絶対にしない。
例えば結婚で名前の字数判断でダメと親に言われたら、絶対にその結婚はダメ。

●冬と夏が長く、春・秋は期間が短い。(日本の四季の感覚ではなく、二季節という感じらしい)

途中から紹介しているのを聞いたのですが、モンゴルと言えば相撲の「朝青龍」「白鵬 翔」位しか知らなかったけれど、話を聞いてモンゴルが身近になりました。

留学生は若いキレイな女性でした。

一人はモンゴルの唄を歌いましたが、日本の唄と違って、メロディの高低差が激しいような気がし、どちらかというと中国の唄と似ている気がする。

馬頭琴は、うん・・確かに先端にデッカイ馬の頭が付いており、楽器も思ったより大きかった。

音色的にはバイオリンのような感じがし、絃をスリアゲて音を替える技法が多々見られ、曲は唄と同様に、やや中国的な感じがしました。

「柏崎三曲会」のHPの「活動記録」に関連写真があり、σ(*_*)もマジメな顔してチョッピリ写ってます。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]