忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
聞いてくださるな。
今は主家を離れ浪々の日々を過ごす、名も無きトシヨリでごぜえます。

バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)
(07/23)
(07/25)
(07/26)
(08/01)
カウンター
[382] [381] [380] [379] [378] [377] [376] [375] [374] [373] [372]
今日、地域の文化祭が有り、一人で尺八「手向」「阿字観」の2曲を吹きました。

いやあぁ~・・上がりますねえ、覚悟はしていたが。
いくら寺で場数を踏んでいても、やはり改めて大勢の観客が居る前で吹くのとは違います。

幕が開くまでは大丈夫だったが、開いてからは足が震えだし・・
あっ・・こりゃ、あかん。

曲の出足や大きな失敗は無かったが、全体的にあんまり良くない。
二曲目になると、少し場慣れして足の震えは止まったが、それでもなぁ・・。

マイク無しでやり、そのためか曲が始まると今までのザワメいてた場内が瞬間に静かになり、場内はシイ~ィンと静まりかえって聞いてもらえました。

もおチット、ガキ共が騒ぐか、つまらんからジジ・ババが世間話しでもするかと思ってたんだが・・

もっとも二曲目の途中になったら、静まり返った場内で2人のババ共が私語し始めたので、曲で黙らせようという余裕まで出て来たが、修行が足らんのでアカンかった。(^O^)ナハハハハ・・・

やっぱり一人で観客を前にやるのは、もんのすごい修行になります。
いい経験をしました。

終わった後、越後屋に出来を聞いたら、薄笑いを浮かべながら
「アカンねぇ・・一曲目はアカンかったが、二曲目はそれより少し良かった。
全体的に見て60点くらいかな。」

うん、σ(*_*)も、そんなもんだと思う。
こいつは、よぉ~知っとる。(^O^)




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
ご隠居さん

いやいや、足が震えると共に息も震えました。

弱々しい音だなぁ・・と思いましたが、聞いてる人には、あんまりわからなかったような気がします。

足が震えてる時は、腹に力を入れようと思っても、なかなか腹に力が入らなかったです。

それでも吹きながら意識して、なんとか腹に力を入れるように、曲よりもそちらの方に重点を置いてたら、足の震えは収まりました。

ご隠居さん、やっぱり腹で吹かにゃアカンですわ。

「腹で吹け」という言葉が有りますが、当たってますね。
これも経験・場数です(^O^)

来月あたりに地域限定のテレビで、その様子が放送されるので、どんなのだったか確認してみます。
2011/11/12(Sat)09:53:59 編集
足がねぇ~
ほう~、足がねぇ~、
足は震えたってエエじゃないですか、息が震えさえしなければ…

自宅で稽古の際は息が定まって安定した状態でふけますが、人前で吹くと、なかなかこれが難儀ですよね、
老人施設でたびたび吹いているわけですが、もうええかげんに慣れなくては、と、思いますが、
やはり、あがりますですよ、
隠居波平 URL 2011/11/11(Fri)07:55:58 編集
無題
鬼熊強三衛門欲介との

地域の体育館併用みたい所で、300席の所を150席ほど埋まっており、それほど大多数の超満員という感じではありませんでした。

言われるように、見知った人達が義理人情で聞きに来るのと違って、こいつは何をやるんじゃ?・・と見知らぬ人達が興味津々で来てますからねぇ。(^O^)

今まで舞台に何度か出た事は有るのですが、琴とか尺八の人達と一緒だったので、失敗してもゴマかせると思い、それほど上がらなかったのですが、やはり一人だけの独奏を延々とやって失敗すると、いくらシロウト衆でも聞けばモロにバレちまうのでアガリます。

想い出しても四国で一番最初に寺で吹いた時なんかヒドイもんだった。
今回は、その時ほどヒドクはなかったのが、幸いです。

四国の時も5寺ほど吹くと徐々に慣れてきましたので、今回のような舞台も場数を踏めば慣れて来ると思います。

σ(*_*)は地方の知られない片隅でコソコソとヒッソリとデビューするだけのつもりであり、全国区なんて大それた事なんか、とてもとても・・(^O^)キャハハハハハ・・・

越後屋はσ(*_*)が練習してる時、聞きたくなくても聞こえてくるので日頃からどんな感じかわかり、無理矢理に点数を聞くとだいたい75~85点。

たまに自分でも良かったと思う時は90点。
なかなか90点代は、貰えまへんわぁ。(^O^)

調子が悪い時はボロクソで、遠慮とかお世辞・オダテなんか一切無く「へたくそ!!・・20点、聞きたくない!!」

越後屋は、σ(*_*)が吹いてる曲が、どのような曲想かという事等を全く知らなく、何かをしながら自然に聞いてるので、第三者が聞けばこんな感じで受け止めると判断してます。

なもんで越後屋の点数は当たってます。

2011/11/08(Tue)10:49:06 編集
大舞台
初デビューが地域の文化祭だったとは大舞台でしたね~。
さぞかし足が震えたことでしょう。(●^o^●)

門前で勝手に吹いて誰かが勝手に聴いていると違って、皆さん代官殿の尺八を聴くという気持ちで耳を傾けますから・・・・。
相当上がったことでしょう。

足が震えた・・・・で拙者も忘れらない記憶があります。
その昔、まだ20代後半の頃メーデーの集会で挨拶をするハメになりました。
集会参加者は約400人ほどのチッコイ集会でしたが開会宣言の後、町長の挨拶がありその次が出番でした。

およそ三分間位の話だったと記憶してますが足が震えて、まるでつま先で立ってて足が安定してないような体感でしたね~~。

その後、労組の定期大会などにお声が掛かり少~~しずつ度胸ができてきました。(ようにある)

代官殿も文化祭から市、そして県、全国大会とかあるかどうかわかりませんが全国区でデビューされることを祈っております。

越後屋殿の60点はホントは80をあげたかったけど図に乗るといけないので敢えて控え目にしたんだと思いますよ。
鬼熊強三衛門欲介 2011/11/07(Mon)15:40:11 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]