忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
聞いてくださるな。
今は主家を離れ浪々の日々を過ごす、名も無きトシヨリでごぜえます。

バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
(07/17)
(07/17)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)
(07/23)
(07/25)
(07/26)
(08/01)
カウンター
[464] [463] [462] [461] [460] [459] [458] [457] [456] [455] [454]

ポロロン~・・・・(電話の音)

σ(*_*)「はい、草です。」
▲「(ちょっと沈黙の後)・・ハロウ・・・」

だれか友達がイタズラして、英語で話してるのかな?と思い
σ(*_*)も「ハロウゥ・・・」と答えたら、いきなり英語の嵐・・・


▲「ハロオゥ・・ナントカ・カントカ・・・日本名・・ベラベラ・・・」

σ(*_*)と違う名前を言います。
しかも全て英語で・・・

あらあぁ・・・σ(*_*)外人さんと電話するような人に心当たりが無いんだけれどなぁ。
たぶん間違い電話と思い

σ(*_*)「デスイズ・クサ・スピーキング(こちらは草です)」

▲「ナントカ・カントカ・・・日本名・・(草ではない)・・アアダコウダ・・・」

σ(*_*)「ノオゥ・デスズ・クサ・スピーキング(違うって言うてるじゃろが、草だよ)
フ・ア・ユ?(あんた、だれじゃ?)」

▲「ナントカ・カントカ・・・JSW・・ドウタラ・コウタラ・・名前(日本名)・・ベラベラベラ・・」

σ(*_*)「アイ・ドン・ノオゥ(わしゃ知らん)
    ユア・テリェホン・ナンバー? (電話番号言ってみなせぇ)」

数字ナンバーを言いますが、σ(*_*)とこでない。

σ(*_*)「デイス・テリェホン・ナンバー・・・ゼロ・ツー・・・
   (こっちの電話番号は02・・・じゃ。
    いい加減に間違え電話と気付けよ)」

それでも、あきらめず
▲「ナントカ・カントカ・・日本名前・・シノゴノ・・」

弱ったなぁ、日本人相手ならば通じるのたけど
相手が外人だからガチャ切りしたら、尖閣諸島で助けてくれんかもしれんしなぁ。

σ(*_*)「エキュス・キュズミー・アイ・ドン・ノオゥ・・デスイズ・クサ・スピキング・・・
   (失礼ながら、わからんなぁ、こっちは草と言うモノじゃ)」

それでも、しばし沈黙の後、諦めたのか「ソリィ・・(すんまへん)」と言って、相手が電話を切りました。

ふむ、σ(*_*)の英語も、ナントカ通じたなぁ。

「JSW」という単語をネットで調べてみると、大企業の「日本製鋼所」でした。

へえぇぇ・・・企業のだれかと話したかったのだなぁ。

たぶん国際電話だと思うが、料金がかかったじゃろなぁ。
一時は新手のサギの手口かと思ったでぇ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
間違い電話ならば、親切に対応します。
σ(*_*)、紳士だもん。(^O^)

ただし電話セールスならば、ガチャ切りか、徹底的に電話番号の出所ネタを追求してやります。

「自爆営業」のテレビ見ました。
現場では当たり前の事ですが、エライ人は絶対に認めないでしょうねぇ。

以前にも書きましたが、σ(*_*)の分まで自爆をしていた主任が居ましたが、それ以後誘いが有っても受けませんでした。

今年も他の人から「人手が足りないから・・」と言われましたが「寒いので、コンジョ無しなモンでして・・」と言って丁寧にお断りしました。

年賀状もジリ貧になって、出さない人も増えているのになぁ。
もう、そんな時代じゃ無いのにぃ。
NONAME 2013/01/09(Wed)10:23:15 編集
国際親善
私も在職中は電話を活用していた一時期があり、番号間違いをした経験が多々ありましたが「違います!ガチャン!」もあれば「どちらへお掛けですか?こちらは○○○○ですが・・・・」とか、スミマセン間違いました・・・とお詫びすると「いいえ」と応える人や無言のガチャンがあったりして姿は見えないけど「人柄」を想像しましたね~。

代官殿の応対は間接的に国際親善に役立ったと思いますよ~。(^。^)y-.。o○

ところで話がコロッと代わりますがニュース23だったか特集で郵便会社の年賀はがき販売の「自爆営業」が取り上げられてましたね~、

金券ショップに大量のハガキを持ち込む社員のインタビューも流れていました。(当然、顔はモザイクで)。

私の友人Fさんはすでに郵便局を退職しましたがパートとして従来のように勤務しています。ハガキを100枚ほど購入しましたが聞くと販売目標3000枚だそうです。

正規社員時代は8000枚と言ってようですが半分以下とは言えキツい数字ですね~。
「もうアンタ怖いものないんじゃから開き直って売れんかった・・で済ませたら?」と言うと「そんな気持ちでいる」って。

郵便事業会社もいつまでこんなアホな商売続ける気なんでしょうか??

ローラ・パパ 2013/01/08(Tue)22:07:01 編集
忍者ブログ [PR]